自己判断|自分の住まいを探すときには|不動産業者は大手か地域密着型を選ぼう

自分の住まいを探すときには|不動産業者は大手か地域密着型を選ぼう

街を持つ人

自己判断

メンズ

マンション売却の問題点

マンションを売却する場合には、すんなりと高値で売却ができればいいのですが、なかなか現実はそのようにはいかないようです。 マンションの売却は、不動産会社が仲介で行ってくれますが、いくつか不動産会社に見積もりを出すと、中には高値で提示してくる不動産会社もあります。その場合は、その不動産会社に売却を依頼しようとしても、そのまま高値で売れるというわけではないということです。 例えばA不動産とB不動産に見積もりを出した場合、A不動産が2000万円、B不動産が2200万円ならば、普通はB不動産会社に売却をお願いするはずです。ですが、実際に売却をしてみたら1800万円だったという場合もあるのです。 ではなぜこのようなことが起こるのでしょうか。

価格を高く提示する理由とは

マンションの価格はどの不動産会社に依頼をしても大して変わりません。B不動産だから高値で売却をすることができるというわけではないのです。それなのに会社ごとに見積もり額が違うのは、額を高く提示したほうが売ってくれるからです。そこで、どの不動産会社も相場よりは2割ぐらいは高めに金額の提示をします。ただし、売る時はその価格を下回ることが多いのです。 また、「マンションを売ってください。あなたのマンションを欲しがっている人がいます」という広告を見たことがある人も多いと思いますが、たいていはその広告には高値で表示されています。しかし、実際に連絡しようとすると、「もう売れちゃいました」という返事が返ってくることも多いのです。これはもともとマンションを欲しがっている人がいるわけではなく、顧客リストを集めるためだと言われています。